グリーン住宅ポイントでリフォームをお得に


皆様は四月から新しく始まったグリーン住宅ポイント制度をご存知ですか?

   
   


リフォームされる方に、最大60万ポイント分の商品券や追加工事ができるお得な制度なのです!
元々リフォームをお考えになられていた方、リフォームに興味がある方にはぜひ見逃してほしくない情報となっております!


ということで今回はグリーン住宅ポイント制度を使った、 リフォームについてお話していこうと思います。





 住宅ポイントは、特定のリフォーム工事をすることによって獲得できるようになっています。
下の表の①~③のいずれかの工事を行なう場合に、同表①~⑥のリフォーム工事等に応じたポイント数の合計が発行されます。
※合計5万ポイント未満の場合はポイント発行不可






省エネ改修の詳細


①開口部の断熱改修には、単板ガラス入りサッシのガラスを複層ガラスに交換したり、既存サッシの内側に樹脂製の内窓を設置工事などが対象になってきます。
②外壁や屋根、天井の断熱改修には、既存の外壁や天井の断熱材を撤去し、敷込断熱等を施工する工事や、既存天井をそのままに吹込断熱等を施工する工事などが対象になってきます。






③エコ住宅設備設置は屋根に集熱器を設置し、軒先や屋内等に蓄熱槽を設置する。他にトイレを節水型トイレに変える。浴槽を高断熱浴槽に変える。などの事が対象となってきます。







 環境に優しい省エネ改修が対象的になってるのが分かりますね。
世帯形式などによって貰えるポイントの上限が違ってくるので、そこにも注意しましょう。
また既存の住宅を購入して三カ月以内にリフォーム工事を頼む場合もらえるポイント数が二倍になります。



ポイント発行・交換の期限
ポイントを受けとるためには、以下のスケジュールを守って契約、申請等を行う必要があります。




ポイント発行申請は、原則、工事完了後に行いますが、1,000 万円(税込)以上のリフォーム工事の場合は、
契約以降なら工事の途中であってもポイント発行申請が可能です。
なお、この場合は、工事完了後に完了報告の提出が必要です。
又、ポイント発行申請期限は遅くとも令和3年10月31日までとなっていますが、
予算の執行状況に応じて前倒しで締め切られる可能性があります。

よって、ポイント発行申請は速やかに行なうのがよいでしょう。



ポイントの利用方法





商品と交換する場合、「新たな日常」に資する商品、省エネ・環境配慮に優れた商品、防災関連商品、他にもたくさんの商品が専用の公式サイトから交換可能です。

https://goods.greenpt.mlit.go.jp/apl/public/viewCategoryTop

追加工事と交換する場合、①「新たな日常」に資する追加工事、②防災に資する追加工事などが対象になっています

https://greenpt.mlit.go.jp/additional-construction/


①の「新たな日常」に資する追加工事とは、コロナ禍で在宅ワークの人が増えた影響からワークスペースの設置工事や、菌・ウイルス拡散防止工事などが含まれています。




今回はグリーン住宅ポイント制度について解説しました。
グリーン住宅ポイント制度は省エネだけでなく、コロナ禍にまで対応している制度でした。
リフォームをする際には必ず申請した方がお得になる制度なので、是非この機会にリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?
 

小林住建について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

家づくりのこだわり
住宅診断
現場見学会
イベント、チラシ

Instagram